第二新卒をメインにした就職支援サイト

就職を探す人にはいろいろな人がいます。新卒は、今まで学生で、今年度卒業して初めて社会人となる人のことを言います。既卒は、前年度以前に卒業をしている人のことを言います。既に会社などで働いていて、新たな就職先を探す転職組もいます。昔に比べると、転職のイメージが悪いものではなくなり、終身雇用という概念も薄れてきたことも要因となり、転職をする人が多くなりました。そんな転職組の中で、社会人になって3年程度までのうちに転職する人のことを第二新卒と言うようになりました。社会人としてはまだ日が浅いけれど、新卒に比べると社会人としての常識が身についている、そんなイメージが第二新卒にはあるようです。まだ年齢も若いことから、これからの人材として採用をする会社も多くあり、ニーズも増えてきています。そのため、第二新卒をメインとした就職支援サイトなどもあります。

第二新卒の人を就職支援する会社

第二新卒という言葉は最近よく聞く言葉でもあるのですが、一度社会に出た人のことをいいますので新卒の人とはだいぶ違いがあるのです。しかしながら一度社会に出ていても就職をするのは厳しい時代には変わりはなく、就職支援をする会社などを頼っている人はかなりいるのだそうです。第二新卒であるということは少なからず仕事のキャリアがあるので、就職支援をする会社ではそのキャリアというのを大きな武器になるようにアドバイスするようです。就職では履歴書や経歴書というのが書類選考でもポイントになりますので、その仕事のキャリアを魅力的に感じてもらえるような書き方をするのがいいのです。現代はすぐに会社の戦力になるような人材を必要としていますので、第二新卒であるということはそれだけでもアピールになるのです。差がつくためには就職支援が必要です。

第二新卒の就職支援について

第二新卒とは一度新卒時に就職したことがあり、短期間のうちに離職した状態か、離職はしないが転職先を探して転職している状態のことを言います。就職してから1年から5年くらいの年代になるため、20代のうちの再就職という位置づけになります。第二新卒に特化した就職支援サービスでは、若手であることと、20代であることをアピールするための戦略があり、サービス希望者はアカウントを作成することにより、転職活動の支援を受けることができます。大手人材会社のリクルートサービスでもこのような世代の人材を扱う部門があり、少子化が進む中、自分が希望する会社に入社出来なかったが、自分のポテンシャルを活かしたいという貴重な人材を求めている会社もあるため、需要もある程度期待できます。支援サービスでは、第二新卒の状態であることをネガティブに捉えないように指導しており、次に活かすための土台であることをアピールするように心がけています。

オムロングループの企業のご紹介も行います。 就活苦戦中の方や、スキルやマナーに自信がない方のために無料の基本研修などを行います。 官公庁と協力し若者の就職支援に取り組んできました。 無料で転職に役立つアドバイスが受けられます。 知識と経験のあるカウンセラーが就職活動をサポートします。 社会人基礎力やビジネスマナー就職活動はもちろん社会人になってからも役立つセミナー・イベントを多数開催! オムロンパーソネルで第二新卒の就職支援を!