アスリートと看護師から見た採用活動の違い

新卒採用と言っても中卒、高卒、大卒とあります。一般的に「新卒採用」と言われると大卒者を想像してしまいます。そして就職活動と言えば企業にエントリーしてから採用されて働き始めるのにかなり時間がかかりますよね?長い人だと半年以上働くまで待たなければいけない。何だか効率が悪い気もしますがそれが日本のシステムなので従うしかないのですかね。一般企業でも就職活動があり、新卒採用がある様に、スポーツの世界にももちろん新卒採用はありますし就職活動はあります。野球の世界で見てみましょう。小さな頃から一生懸命プロになる為に練習を重ね、遊ぶ事も、ゲームをする事も我慢しながら取り組む人もいれば、遊びながら練習をして、ズル休みをして、それでもプロになりたい人もいます。アスリートは寿命が短い職業。学生たちが大学に入ってから就職活動を行うのとは違い、プロを目指すアスリートにとっては毎日が就職活動。強豪校に行き、レギュラーを勝ち取り、スカウトの目にとまり、ドラフトで指名されたとしても、レギュラーになれず活躍できない選手もたくさん存在します。仮に年俸が1億円あったとしても翌年にはプロとしてご飯を食べれていない可能性だってあります。強豪校に入学せずに野球をして、普段の何気ない試合でスカウトに注目されてプロに入る人もいます。早い人であれば高校卒業後にはプロになり、生活をします。そんなプロ野球選手達が皆スカウトされて入団した人ばかりではありません。誰からも注目されず、入団テストを自ら受け、勝ち抜きプロになる人も多いです。そこからスター選手になる人も何人も存在しています。大学生と言えば遊びたい年代。学生は遊びたい年代。その時期を全て野球に捧げているのは一般的には信じられないのですが、彼らからすると当たり前の事なのです。「プロになり活躍する」この信念があれば誘惑に負けることもなく、練習に打ち込めると数多くの選手が話していました。才能だけで通用するのは学生の間だけ。プロになる人は皆が才能のある選手。努力の才能、打つ才能、走る才能、投げる才能、その中で勝ち抜くには遊んでいる時間が無駄であると言われました。プロを目指す人間はネットで球団を選べないのですが、一般の方たちの利点は幾つも選択肢がある事。ネットで選ぶことが出来る。看護師やデザイナー等は、アスリートと同じく専門知識や技術を身に着け就活に臨む方がたは、アスリートの様にスカウトされる事も有れば、一般の方と同じく自ら求人の募集を探すことも出来ます。まず、スカウトなど普通は,有りえないので、デザイナーや看護師などで就活をし、求人の募集うを探している方は、ウェブ上で看護師 募集等をキーワードに就活生が集まる場所をまず選ぶのですが、やはり就職活動をするにあたり、やる気のある前向きな方は、どこでも望まれる人材だと思います。そこは、アスリートとそうで無い方の共通点かも知れません。